fc2ブログ

09月≪ 2021年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.07/10(Sat)

キャンプ道具 私的インプレッションその5 火器編 

P7032012_convert_20100703181101.jpg
マッタリした晩餐と美味しいコーヒーのために

【More・・・】

今回は、夕食を作ったり美味しいコーヒーを飲む為のその1、ストーブ類です。
 
ストーブには、ガスやガソリンやアルコール等を使う燃焼系ストーブと
薪や炭などを使うネイチャー系ストーブがありますが
自分は、メインとして扱いが簡単なガスストーブを
サブとして焚き火遊びや、炭火焼き用にネイチャー系ストーブを使っています。

また、ガスストーブとはいっても燃料が入っているガス缶には
P7032051_convert_20100703193117.jpg
アウトドアショップに置いてある写真左側二つのOD缶といわれるものや
カセットコンロに使われる写真右側二つのCB缶があります。

OD缶を使ったガスストーブは、一般的に軽く小さくなるので
コンパクトに荷物がまとまりますが、ガス缶自体が割高です。
なので、自分は家にもあるしガス缶が安くどこででも手に入るCB缶の物にしました。

自分が使っているガスストーブは
SOTO G'z  G-STOVE STG-10(4200円)です。
P7032022_convert_20100703181523.jpg 
とりあえず
・・・見た目がかっこいい-・・・
カチャカチャと組み立てるのが、変形合体みたいでイイ!
とストーブの性能とはまったく関係ないところが最初に気に入って選びました(爆)
 
良かった点
①・・・使用状態で本体が風防の役割をはたすこと。
3月のキャンプでは、結構風があったけど、普通に使えました。

②・・・先にも書いていますが、ガス缶が何処でも手に入るCB缶であること。

③・・・折りたたむと、板状になるので、収納しやすいといったところです。
P7032026_convert_20100703181650.jpg
個人的には、バッグに入れるときは四角や丸の筒状のものよりは
板状のもののほうが、パッキングしやすいと感じています。

そして、火力に関してですが
シングルパーナーの中には、火力が3000kcalを越える物もありますが
このストーブの火力は2500kcalと決して高い方ではなく
炎も一点集中型で鍋底を効率よく加熱するものではありませんが
ご飯を炊くこともできましたし
主にお湯を沸かしたり焼き物がメインの自分の場合は必要十分でした。
 
難点としては
①・・・重い。
P7032019_convert_20100703181225.jpg  
②・・・テーブル上での占有面積も大きいです。(テーブルのほぼ半分を使ってますね)

③・・・その特徴的な五徳の形から 、五徳の爪と爪の間が8.5cmあるため
P7032021_convert_20100703181356.jpg
鍋底が8cm以下か10cm以上15cm未満のクッカーでないと安定しません。
直径9cm前後のクッカーは使いずらいと思います。

最近だと、コーヒーツーなんかもしてみたいと思うのですが
このストーブだと、ちょっと重いかな。
小さいやつだと、OD缶のものになりますが
火力がそこそこ(2300kcal)の
p114_convert_20100703180843.jpg 
プリムスのP-114(6245円)が気になっています。


次に、夜のお供ネイチャー系ストーブです。
自分が使っているものは、笑's コンパクト焚き火グリル B-6君(4900円)です。
P7032041_convert_20100703181813.jpg
オプションのグリルプレート(700円)も一緒に購入しました。
(そういえば、まだ焼き入れしてないなぁ・・・(爆))

これは、なんといっても収納が小さくて(その名の通りB6サイズです)
焚き火に炭火、肉を焼くのにも焼き鳥するのにも
ソロ用として丁度いいのではと思っています。
 
実際、自分はまだ焚き火にしか使っていませんが
P5021862_convert_20100703192946.jpg
よく燃えました(笑)
 
反面、本体が小さいので小さい薪や小枝などしか入らず
また燃焼効率もいいので薪を頻繁に入れることとなり
焚き火をするときは、手元にいっぱい用意する必要があると思いました。

少し思った疑問として
そのコンパクトさから、キャンプ場とかで売っている薪や炭を
入れることができるのだろうか?と思いました。
(キャンプ場で売っているのは、ファミリー向けで大きそう)

この辺りは、自分で用意するか小さくするための道具が必要かな。

また、オプションのグリルプレートは肉を焼くのにはいいと思いますが
焼き鳥や、魚貝類にはアミかなと思い
P7032047_convert_20100703183312.jpg 
100円ショップで15cm×15cmのアミを買ってきて追加しました。
ただ、そのままの大きさだと付属の袋に入らなかったので
自分の場合、端をハンマーで叩いて曲げました。

収納も本体+グリルプレート+焼き網でイイ感じに収まっているのですが
P7032049_convert_20100703183539.jpg
難点として、アミを置いた状態だとせっかくついている投入口が使えません。
この辺りは、もう少し改良が必要ですね。
 
追伸・・・笑'sさんの製品は、関東だとWILD-1の店頭にあるらしいです。
スポンサーサイト



テーマ : アウトドア - ジャンル : 趣味・実用

00:04  |  キャンプ道具  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

こんばんは。

自分はキャンプ装備シリーズ、、、ご無沙汰してしまっております(汗)

自分も、家族キャンプ用に、CB缶のガスランタン(サブ用)とストーブ(暖房用の本当のストーブ)を使用しています。
ただし、秋のキャンプだと外気温の低さと缶の減圧による冷却で、ランタンなどは暗くなってしまいました。ので、ちょっと高めでしたがSOTOの専用CB缶(いわゆる寒冷地ようみたいなもの)を購入しました。

3月にキャンプされたとの事なので、寒い中でもそこそこ大丈夫なのでしょうかね。
CB缶は、北海道などの長期ツーリングではこの上なく心強いですね。
なんせ、コンビニで売ってますし。

B-6君、 普通にホームセンターとかで売っている炭でも大丈夫な大きさですから、キャンプ場で売られている炭でもOKだと思います。
薪は厳しいかも。。。
やんべ | 2010.07.10(土) 00:19 | URL | コメント編集

●やんべさんへ

こんばんは。

いえいえ、お気になさらずに。
気長にお待ちしています。

そう、気温低下による火力の低下が自分も気になったのですが
そんなことを感じることも無く使ええました。

低温時のCB缶の選択として
自分の場合、ショート缶だったら
ユニフレームのプレミアムガス ショート(一本150円)
レギュラー缶でしたら
トーホーハンディガスゴールド(3本498円らしい)
(実物を売っている処を見たことがありませんが)
が気になっています。

B-6君に炭は大丈夫そうですか。
薪はやっぱり・・・。

最近、自分は持続時間と安さからオガ備長炭が気になっています。
ボティー | 2010.07.10(土) 20:44 | URL | コメント編集

キャンプ道具の記事ばかりだと、どうやら走りにいけてないのですかね?
かく言う俺も行けてないんですけどね(^_^;)

俺はコールマンのストーブを買いました。火力が強いってので選んだんですけどね。GWとは言えまだまだ寒かった青森はむつ市でも、風は吹いてたか憶えはないですが、問題なく点火してくれました。意外と収納時はコンパクトになりますよ。ガス缶は確かに高いですが、まぁ新たに買うと勿体無いので壊れるまではこのままで頑張ります(^o^)
武郎 | 2010.07.11(日) 23:32 | URL | コメント編集

●武郎さんへ

はい、おっしゃる通りツーリングに行けてません(涙)
ツーキングの毎日です(爆)

おっ・・・ストーブを買われたのですね。
と、いうことはクッカーもかな。

なるほど。
コールマンのストーブも、使い勝手が良さそうですね。
ボティー | 2010.07.12(月) 00:14 | URL | コメント編集

●いいかも?

B-6で、焚き火もできるんだ~。
いいな~。
キャンプで焼き火があると、ちょっとゆっくりできますよね。
イカ焼いたり、マシュマロやいたり....。

いいかも!!
おくさん | 2010.07.12(月) 13:20 | URL | コメント編集

●おくさんへ

はい、本体の大きさが大きさなので、薪というより小枝などでですが
B-6君で焚き火もOKです。

マッタリ過ごす時に、焚き火はいいですね。
焚き火から始まって炭火になり、また焚き火とかもいいかな。
最近、炭火と焚き火を別々の物でやりたくなってきています。(爆)
ボティー | 2010.07.12(月) 19:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |